小規模認可保育園 スマイルクラブ ナーサリー木場園

トップページへ戻る

保育園での生活

  • スマイルストーリー
  • 1日のスケジュール(例)
  • スマイルタイム
  • 施設の特色
  • 年間行事
  • 給食について

保育園での生活

スマイルストーリー

2017.10.06

遠足へ☆

遠足今日は心配だったお天気も子ども達の大きなてるてる坊主のおかげで曇りだったので、予定通り行船公園へ!!

動物と触れ合えるコーナーではモルモット、羊、うさぎ、にわとりに触らせてもらいましたが、意外と苦手な子が多くて固まっていました・・・笑遠足えんそく

顔はめパネルや展示されている動物を見て楽しんでいた子ども達です☆えんそくえんそく

おうちの方に作って頂いたお弁当は格別のようで、みんな嬉しそうでした。お忙しい中ご協力ありがとうございました!おかげで楽しい遠足となりました。えんそく遠足

 

 

 

2017.10.06

スマイルコンサートにむけて

コンサートコンサート

園内で早速みせあいっこが始まりました~☆

みんな見られていると恥ずかしがってしまうけど、緊張しながらも大きな声で堂々と発表を楽しんでいる姿に成長を感じます!

11月の本番が楽しみです☆

2017.10.03

すいかの食育

すいか小玉スイカを見たり、触ったりして

「おもーい」と言いながらも笑顔あふれる子ども達・・・

目の前ですいかを割ってもらうと「わぁ~おいしそう!」という感想がとんできました。いつもは各クラス毎に食育を行っていますが、この日は全体で食育を行い、切ってもらったすいかは朝おやつにみんなで頂きました☆すいかすいか

すいかが大好きなお友達は緑の所(皮)まで食べてしまう勢い・・・(笑)

みんなで食べるとおいしいね♪と楽しいひと時でした。

 

> 記事一覧はこちら


1日のスケジュール(例)

スケジュールイラスト

※0歳児は月齢に合わせた生活をおくります。


スマイルタイム

2017年4月より認可保育園に移行いたしまして、0歳児~就学前までのお子様をお預かりするにあたって、今まで行っていたスマイルタイムの内容を幼児向けに少しパワーアップさせました!もちろん乳児クラスも無理なく参加しますのでご安心を。英語は乳児と幼児でクラスと時間を分け、プログラムも変えています。スマイルタイムの他にもそれぞれの年齢に合った保育計画を行い、保育園で過ごす時間の充実化に努めています。

スマイルタイムイメージ写真

月曜日英語(0歳児~5歳児)
火曜日キッズヨガ・ダンス、体操(隔週)
水曜日英語(SubjectTime 3歳児~)
木曜日リトミック、お話(隔週)
金曜日英語(0歳児~5歳児)

スマイルクラブはネイティブ講師が毎日いる国際的な保育園です。楽しい日替わりプログラムのご案内

英語講師

Andy(アンディー)/月~金

こんにちは! 私はスマイルクラブの先生をしています。そして、2人の子どものパパです! 午後からはナーサリー木場の職員として毎日常駐していますので、子ども達とも仲良しです。基本的には幼児クラスに入っていますので、スマイルタイム以外にも英語で話しかけたり、英語の絵本を読んだりして、子ども達がより英語に親しめる環境を整えています。

英語講師

峰村幸恵(一児の母)

職業:︎︎ダンス、ヨガ、フラダンスインストラクター
活動:︎スポーツジム、公共施設、保育園、小学校、自身のサークルにて活動中

プログラム内容
簡単なヒップホップダンスとヨガダンスではリズム感や持久力を高め、ヨガではバランスや柔軟性のアップを目標に、笑顔いっぱい楽しいクラスにしていきたいと思います。


施設の特色

施設写真

全室床暖房完備・むくの木使用で温かい雰囲気になっています。
スクールアシストはチェックイン・チェックアウトシステムや緊急時のメールに使用します。

施設写真

児童館や図書館の利用、近くの保育園との交流を図ります。


年間行事

年間のスケジュール

※年度によって変更があります。


給食について

給食、おやつ、離乳食は、給食室で当園の職員である栄養士、調理師が作っています。

給食写真

献立について

・ 「食育5項目」を目指します。

・ 離乳食、幼児食の献立を立て、家庭に配布しています。

・ 手作りの温かい給食は国産を中心に季節を感じられる献立です。

調理について

・ 調理室の清掃を常に心がけ、衛生管理に気をつけています。

・ 調理器具、食器は、殺菌・消毒をしています。

・ 職員は手指、髪、爪、服装などに気を配り、手洗いの徹底、毎月の検便を行っています。

離乳食、アレルギー食について

・ 初期、中期、後期、移行食を個々の子どもに合わせて作っています。

・ 初めて食べる食品は、家庭で食材チェック表と献立表を元に試してもらい、連携を取りながら進めています。

・ アレルギーの除去食などの対応は、医師の指示書のもとに保育園でやれる範囲で行っています。

※保護者の方とアレルギー面談を行い、日々誤食・誤飲のないよう努めています。